よくある質問

店舗について

最終受付時間は何時ですか?

営業時間
月曜日 : 11:00 ~ 19:00
火~金曜日 : 11:00 ~ 21:00
土曜日 日曜日 : 10:00~21:00
祝・祭日 : 10:00~19:00
最終受付
カット:閉店の1時間前まで
パーマ、カラー:閉店の2時間前まで
※金曜日のみ、カット、カラー、パーマ全て1時間前まで
定休日 : 年中無休
(不定期で月曜・火曜日にお休みをいただくことがございます。)

予約した時間に間に合わない時はどうすればよいですか?

その時の予約状況次第ですが、できる限り対応させて頂きますので、お電話下さい。
池袋メトロポリタン口店 : 03-6912-6720  >>アクセスはこちら

何日前から予約した方がよいですか?

予約の空き状況によりお取りできますので、前日、当日でもご連絡下さい。
キャンセル待ちも受け付けております。

カットだけの予約でしたが突然の変更でも大丈夫でしょうか?

大丈夫です。お気軽にご連絡下さい。
来店されてからの場合はスタッフにお申し付け下さい。

スタイルの説明が上手く伝えられません。

言葉での表現が困難な場合には、写真や雑誌の切り抜きをお持ちいただくか、当店にもスクラップ等がございますので、
そちらを見ながらカウンセリングし、スタイルを決めていただきますので、ご安心下さい。

カラー・パーマ・カットはどれくらいの頻度で行けば良いのでしょうか?

一般的には1ヶ月半~2ヶ月半の間くらいですが、スタイルやお客様の髪質により異なりますのでお帰りの際に担当者にお尋ね下さい。

良いサロン選びのコツってあるのでしょうか?

様々なサロンがたくさんございますので、実際に行ってみるのが一番良い選び方でしょう。一つのサロンに3回は足を運ばれるのが好ましいです。

リンク・コンディショナー・トリートメント・シャンプーについて

リンス・コンディショナー・トリートメントの違いはなんですか?

リンスはシャンプーによってアルカリ性に傾いた毛髪を弱酸性に戻し髪の毛をコーティングして保護します。
コンディショナーとは髪の毛の表面に薄い油性の膜を張ってしっとりとさせ、シャンプー後のパサつきを防ぐもので、
どちらかと言えばリンスに近いが中間くらいのもの。
トリートメントは髪の内部に浸透し、失われた栄養を補い、髪を健康な状態へ近づける効果があります。

トリートメントは週に何回くらいしたらよいのですか?

髪にとっても良い事ですので、シャンプーと一緒に習慣づける事が好ましいです。

家でトリートメントをしてもあまり効果が現れないのですが?

トリートメントをつけて多少お時間を置いていただくか、熱を与えていただきますとより効果的です。
毛質によっては合わない種類のトリートメントもございます。

パーマをかけた日にシャンプーをしてもいいのでしょうか?

基本的にパーマが安定するまで(約24時間)は軽く流す程度が望ましいです。

シャンプーは夜するのと朝するのとではどちらの方が良いのでしょうか?

シャンプーする事により汚れや皮脂がキレイに落ちます。
しかし皮脂は髪の毛にとって、トリートメント効果を発揮し、髪の毛にツヤを与えます。
夜シャンプーをして一晩置くことにより適度な皮脂が髪の毛に行き渡るでしょう。

ノンシリコンシャンプーは良いのですか?

シリコンとはそもそもキューティクルに付着して髪をコートする作用のあるコーティング剤の一種です。
使った後はツヤも出ますし手触りも良くなりますが、あくまでコートするだけなので補修や保湿はしてくれません。
また油膜を張る分、必要な栄養分が浸透しなかったりします。
シリコンの特性として吸着力が強いので、落ちる時に一緒にキューティクルを剥がしてしまう事があります。
そのシリコンを取り除いたのがノンシリコンシャンプーということになります。
しかしどれでも良いわけではありません。
シリコン剤とはまた別に違うコーティング剤が入っていたり、洗浄成分によっては髪を痛めてしまうものもあるので注意が必要です。
特に洗浄成分は「ラウリル」「硫酸」「スルホン酸」とつく石油を原料とするようなものだったりするものは避け、アミノ酸系の弱酸性のシャンプーを選びましょう。
アミノ酸系は潤いを残してくれるので、ノンシリコンシャンプーにありがちな洗いあがりのキシキシ感を緩和してくれます。
ノンシリコンシャンプーを使った際は今の髪の毛に合ったトリートメントを必ずしてあげるようにしましょう。
髪の状態によってはトリートメントやコンディショナーまでノンシリコンにこだわる事はないと思います。
しっかり自分の髪の毛に合ったものを担当の美容師さんに聞いてみましょう。

カラーリングについて

傷まないようにカラーはできるのでしょうか?

NATURACEでは毛髪と頭皮を極限までいたわった漢方カラーを取り扱っております。
ハリ、ツヤ、コシを失わずに出来るカラーですので是非一度お試し下さい。
>>漢方カラーとは?

どうしても色を長持ちさせたい!今一番の方法を教えて下さい!

カラー後の髪の毛は約7日~10日間はカラー剤に含まれるアルカリ剤の影響で表面がひらきっぱなしになります。
徐々には通常の状態に戻っていきますが、この期間にシャンプーをすればするほどせっかく染めたものもどんどん落ちていってしまいます。
今の技術ではNATURACEでも取り扱っているケラスターゼのオイルクレンジング「クロマセンシティブ」で
カラー後の7日~10日間を洗って頂き染料の流出を防ぐ他、紫外線から髪を守り、トリートメントしてあげる事が1番です。

黒染めを自分でしたら担当の美容師さんがあまり良い顔をしませんでした。どうしてでしょう?

黒染めにあたる暗さのカラー剤を使用すると、再度明るくしたい時に染料が濃すぎる為に、
ブリーチや脱線剤などを使わなければうまく明るくならない事が多い為だと思われます。
特に市販のカラー剤は誰でも黒くしっかり染められるように濃く作ってあると聞きます。
一度でも黒染めしてしまうと半永久的にその部分に赤味が残留してしまう事も多くあります。
黒くしなければならない理由がある時は担当の美容師さんにしっかり相談してからどうしていくか決めましょう。
NATURACEでは痛みも進行する事なく、染めた黒の染料もずっと残ることなく、次回のカラーリングの際に支障のない漢方カラーをオススメしております。
>>漢方カラーとは?

ブローについて

イオンドライヤーは効果がでるのでしょうか?

髪の毛を乾かす際、毛の内部では水素結合が行われています。
そこにマイナスイオンが作用して、髪の毛の手触りを良くし、ツヤを出します。太い毛やクセ毛の方にはボリュームダウン効果がありますのでオススメです。

ドライヤーをすると髪が傷つくと聞いたのですが本当ですか?

やりすぎた場合には傷みます。手触りやツヤ等に毎日注意して、変化があった場合はなるべく髪の毛を休ませたほうが良いでしょう。

良いブローの方法はあるのでしょうか?

毛先はカットしないと傷んで行きますので、ブローを頻繁にされる方は毛先のカットが必須です。

スタイリングについて

枝毛、切れ毛ができてしまいました…。

枝毛、切れ毛の原因は、過度のダメージやブローのやりすぎによるキューティクルの損傷です。
一度損傷したキューティクルはもとには戻らないので毛先をカットするかトリートメントで栄養を補うことをオススメ致します。
NATURACEのオリジナルトリートメントは擬似的にキューティクルを作り出すことが出来ます。一度お試し下さい。

最近抜け毛が気になるのですが…。

髪の毛の本数は10万本あります。1日の脱毛量は約100本と言われていますので多少の抜毛は気にしなくても大丈夫です。
抜毛の主な原因としてあげられるのが血行不良ですが、紫外線を原因とする脱毛も時期的にはございます。
通常の2~3倍の抜毛になり驚く方もいらっしゃるとは思いますが、
ヘッドスパなどのスカルプケアやご自身に合った頭皮の美容液をご利用して頂く事によって改善出来ます。
NATURACEオススメの美容液もございますので気になる方はスタッフまでお声かけ下さい。

髪は濡れたまま寝ても良いのですか?

髪の毛は濡れている時、髪の中の四つの結合のうちの1つ「水素結合」が切れている為とても弱い状態にあります。
寝返りなどによる髪の毛への摩擦でキューティクルを傷めてしまい枝毛、切れ毛の原因となるのでしっかり乾かして寝る方が良いでしょう。
また頭皮も湿った状態ですと雑菌が増え、抜毛や悪臭の原因となります。

髪が直毛で動きが作れません…。

カットやパーマで改善できます。御来店していただいて、十分にカウンセリングを行った上で改善策を提案させていただきます。

湿気があるとすぐにうねってしまい髪がチリチリになってしまいます…。

あまりひどくうねったり、チリつきのある場合には縮毛矯正かストレートパーマをオススメします。
お手入れが非常に簡単になりますので是非お試し下さい。
当店では、オリジナルの施術法により自然なストレートを演出する事が出来、多数の人気を集めています。

髪の毛が多く広がってしまい困っています…。

カットの方法やドライヤーのかけ方などで改善出来る部分もありますので、ご来店時にスタイルに合わせて最も良い方法を提案させて頂きます。
部分的に縮毛矯正やストレートパーマもかける事が出来ますのでご相談下さい。

朝、寝癖がなかなか直りません…。

一度ついてしまった癖は根元からしっかりと濡らさないと直りません。一度濡らしてからブローすると良いでしょう。

前髪が分かれてしまいます。改善方法はありますか?

しっかり根元から濡れている状態で、ブラシ、もしくはハンドブローでも良いので、
左右に振りながら少し引っ張るようなイメージで乾かしていくと改善出来る場合もございます。

前髪は自分で切ってはいけませんか?

もちろん上手に切られている方も中にはいらっしゃいますが、頭の形、はえグセなども考慮され切られているものなので、
どうしてもガマン出来ない場合を除いてはサロンで切られた方が良いと思います。
前髪のみのカットも1,050円で承っております。

市販の薬剤を使って自分ですると髪は傷みますか?

ご自身でされる場合ですと、必要な場所に必要な量を的確に薬を塗布する事が出来ないというのと、必要ない部分にまで薬剤がついてしまう事が多々ある為、
髪への負担がサロンで人にさせるのとでは何倍にもなってきます。
また、ご自身で髪の毛を傷め過ぎてしまうと何かパーマやカラーなどをしたいと思った際に上手く薬剤が反応しない場合もあるので、
サロンに行かれることを強くオススメ致します。

道具について

ブラシとコームはどう使い分ければよいですか?

コームは髪の毛を分けとる時に使用し、ブラシはブラッシング、またはブローの時に使います。

ストレートヘアーをブローする時のブラシはどういったものがよいですか?

「デンマンブラシ」という半円型のものが良いと思います。
より良いものを使いたい際はスタッフまでお声を掛けて頂ければ、業務で使っているプロフェッショナル用をご用意させて頂きます。

ワックスの上手な付け方ってありますか?

スタイルによって多少異なりますが、少量を手に取りしっかりとのばしてから毛先のみにまんべんなくつけるようにして下さい。

パーマについて

「縮毛矯正」と「ストレートパーマ」って違うのですか?

使用する薬剤の成分が違ったり工程が違ったりとサロンによって異なります。
縮毛矯正は半永久的に持続し、ストレートパーマは大体1ヵ月から2ヶ月くらいを目安として頂くと良いでしょう。
またストレートパーマはパーマ落としなどでも使われます。